ノートンストア ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

【無料体験版】ノートン セキュリティ デラックス

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
VAIO STORE
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
VAIO STORE

(O) 本文へ行く | Windows | Linux | macOS | iPhone&iPad | Android |

[ Catalina ]

Catalina編

| Catalinaアップグレード | 周辺機器 | ネットワーク | ソフト |

Dropbox : 解凍

Stuffit Expander / Catalina解凍エラー


本ページの趣旨 無料アプリ"Stuffit Expander"を導入して、しばらくは上手く行ってたんですけど、あるメーカーから送られてきた圧縮ファイルはそのアプリでもエラーが出ました。 macosでstuffit expanderを利用する

▼ソフト

2. 解凍

(2) Catalina解凍エラー

探せば、また別のアプリが見つかるかも知れないけど、こっちはAアプリ、そっちはBアプリと仕事上、効率悪く諦めました。いろいろ考えて、せっかく新旧iMac2台有り、以下を思い浮かべた。

とは言え、別部屋にある旧iMacマシンに移動する時間が勿体ない、また新旧iMacからアクセスできるよう、外付けディスクの準備&設定も面倒臭いので、以下のようにした。

  1. 新iMac(macos)マシンから旧iMac(Windows10)マシンにリモートデスクトップ接続して、新iMacマシンのデスクトップ画面をmacosからWinddows10に切り替える。
  2. Windows10デスクトップ画面からExplorerを使って圧縮ファイルの中を取り出す。
  3. 保存先フォルダはどちらのマシンからアクセスできるDropbox(無料)内にする。
  4. 保存した後、リモートデスクトップ接続を切断して、macosに戻して作業する。

(1)〜(4)の手順は同じiMac上で作業するので、慣れればすぐ終わるので、思った程の無駄な時間がないはずです。手順は以下の通り。

macosでstuffit expanderを利用する

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

  1. 新iMac(macOS Catalina)マシンにてDropboxに接続し、Catalinaで解凍できなかった圧縮ファイルをDropbox内に保存する。

    macosでstuffit expanderを利用する

    (※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

  2. 旧iMac(Windows 10)マシンもDropboxに接続する。

  3. 新iMac(macOS Catalina)マシンからWindows 10にリモートデスクトップ接続を行う。

  4. 接続が上手く行ったら、自動的に新iMacの画面がWindows 10に切り替わった後、ExplorerでDropboxにアクセスする。

    macosでstuffit expanderを利用するmc-soft-kaito />

    (※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。(macOS Catalina側で保存した圧縮ファイルが見えます)

  5. Explorerで圧縮ファイルの中の複数ファイルをコピーして、圧縮ファイルと同じDropbox内に保存する。

    macosでstuffit expanderを利用する

    (※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

  6. 新iMac上のWindows 10から切断する。自動的にmacOS Catalinaの画面に戻る。

  7. 新iMac(macOS Catalina)からFinderでDropbox内の解凍された複数ファイルを編集する。

    macosでstuffit expanderを利用する

    (※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

今回はmacでの解凍エラーをWindowsと連携(リモートデスクトップ接続)して、クラウドのDropboxを仲介に解決した事例です。

このページの先頭に戻る (Y)|macOS Catalina (ソフト:解凍-Stuffit Expander-)ページに戻る (B)

メインページに戻る (1)