HP Directplus -HP公式オンラインストア- カスペルスキー セキュリティ

VAIOオリジナル LTEデータ通信SIM 手間なし1年間プラン

(O) 本文へ行く | Windows | Linux | macOS | iPhone&iPad | Android |

[ Catalina ]

Catalina編

| Catalinaアップグレード | 周辺機器 | ネットワーク | ソフト |

VPN : リモートデスクトップ : 簡易NAS : cimFaX


本ページの趣旨 無線ルーター側の設定はハードウェア 無線ルーター:簡易NASページを参照して下さい。ここでは無線ルーター側の設定が終わった後、macbook Airノートから無線ルーターに繋いでいる外付けHDDにアクセス出来るまでの手順を紹介します。

▼ネットワーク

3. 簡易NAS

Finderを動かして、上部メニューから「移動」→「サーバーへ接続...」をクリックする。

macosから簡易NAS接続

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

続いて、無線ルータのIPアドレス「smb://192.168.XXX.XXX」を入力した後、「接続」ボタンをクリックする。

macosから簡易NAS接続

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。


【無線ルーターのIPアドレス】
Buffalo 無線ルーター管理画面から「デバイスコントロール」をクリックすると、ルーターのIPアドレスが載ってあります。
Windows10から簡易NAS接続する (※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。


次の画面で以下を行って、「接続」ボタンをクリックする。

  1. 名前・・・ 管理画面で登録したNAS用接続ユーザー名を入力
  2. パスワード・・・ そのパスワードを入力
macosから簡易NAS接続

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。


【ユーザー名とパスワード】
無線ルーターWXR-1900DHP2 (バッファロー)の管理画面にて、「詳細設定」→「アプリケーション」→「ディスク管理」をクリック。そこで登録したユーザー名とそのパスワードを入力します。
Windows10から簡易NAS接続する (※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。


外付けSSDの中が現れたら、接続成功です!

macosから簡易NAS接続

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

macOS Catalina (ネットワーク:cimFAX)ページへ進む (N) |このページの先頭に戻る (Y)|macOS Catalina (ネットワーク:リモートデスクトップ)ページに戻る (B)

メインページに戻る (1)