★★BIOSとMEファームウェア更新、Windowsセキュリティの使い方、Wake on Lan (WOL)やバックアップ方法はWindows 10 Pro 中古PC編ページを参照して下さい。★★

 

(O) 本文へ行く | Windows | Linux | macOS | iPhone&iPad | Android |

[ Windows 10 Pro iMac ] [ Windows 10 Pro 中古PC ]

Windows 10 Pro iMac編

| 導入 | ネットワーク | Windows Subsystem for Linux | Dropbox |

リモートデスクトップ : 簡易NAS

設定 / 実践


本ページの趣旨 無線ルーター側の設定はハードウェア 無線ルーター:簡易NASページを参照して下さい。ここでは無線ルーター側の設定が終わった後、Windows10マシンから無線ルーターに繋いでいる外付けHDDにアクセス出来るまでの手順を紹介します。

▼ネットワーク

2. 簡易NAS

(1) 設定

コントロールパネルを出す。

Windows10から簡易NAS接続する

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

コントロールパネル画面の「プログラム」の下にある「プログラムのアンインストール」をクリックする。

Windows10から簡易NAS接続する

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

コントロールパネル画面の「プログラム」の下にある「プログラムのアンインストール」をクリックする。

Windows10から簡易NAS接続する

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

プログラムと機能画面の左側にある「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックする。

Windows10から簡易NAS接続する

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

Windowsの機能画面で下へスクロールする。

Windows10から簡易NAS接続する

「SMB 1.0/CIFS File Sharing Support」の左側の「+」をクリックして、展開させる。

Windows10から簡易NAS接続する

すぐ下に現れた「SMB 1.0/CIFS Client」にチェックして、「OK」ボタンをクリックする。

Windows10から簡易NAS接続する

「PCを再起動する必要があります」と表示されたら、パソコンを再起動する。

Windows10から簡易NAS接続する

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

以上で設定は終わりです。

Windows 10 Pro iMac (ネットワーク:簡易NAS-実践-)ページへ進む (N) |このページの先頭に戻る (Y)|Windows 10 Pro iMac (ネットワーク:リモートデスクトップ)ページに戻る (B)

メインページに戻る (1)