ノートンストア

最新メインストリーム系 PC Radiant GZ2900Z490

(O) 本文へ行く | Windows | Linux | macOS | iPhone&iPad | Android |

[ ubuntu Desktop ] [ ubuntu Server(更新予定) ]

ubuntu Desktop編

| 導入 | 周辺機器 | セキュリティ | ソフト |

構想 : 準備 : インストール : 初期設定 : マルチブート

開始〜Ubuntu領域作成 / タウムゾーン指定〜完了


本ページの趣旨 準備を終えました。これから、Ubuntuのインストールを始めます。インストール時、間違って決してはいけないので、MacやWindowsが入っている外付けSSDをiMacから外して、EtcherツールでISOイメージを焼き付けたUSBメモリを挿して、iMacの電源を入れ、「Option」キーを押し続けます。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

▼導入

3. インストール

(1) 開始〜Ubuntu領域作成

真っ黒な画面でStartup Manager のウインドウが立ち上がり、「Machintosh HD」と挿したUSBメモリの「EFI Boot」が並んでいるので、「EFI Boot」をクリックする。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

しばらくして、Ubuntuデスクトップ画面が現れたら、左上の「Insrtall Ubuntu 18.04.2」アイコンをクリックする。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

言語の選択画面に切り替わったら、言語一覧を下へスクロールする。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

「日本語」を選択後(自動的に画面が日本語になります)、「続ける」ボタンをクリックする。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

キーボードレイアウト画面で「日本語 - 日本語 (Machintosh)」選択後、「続ける」ボタンをクリックする。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

アップデートと他のソフトウェアで以下をチェックして、「続ける」ボタンをクリックする。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

インストールの種類画面で「それ以外」を選択後、「続ける」ボタンをクリックします。

(※)MacとUbuntuをデュアルブートにする場合、必ず「その他」を選択しないといけません。「その他」以外を選択すると、macOSが起動できない可能性が大です!

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

ストレージ設定画面で、fat32化した「/dev/sda3」をクリックする。

(※)インストールしたい領域をあらかじめfat32化しておけば、間違って領域を削除する危険性が無い訳です。容量も260GBと、近似な値で、間違いないと判断してから、クリックしましょう!

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

/dev/sda3が選択された後、「変更」ボタンをクリックする。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

パーティションを編集画面で最初にスワップ領域を作成したいので、以下を行ってから、「OK」ボタンをクリックする。

(※)もし、UbuntuをインストールするディスクがSSDだったら、スワップ領域は作成しない方がよろしいです。作成すると絶えずデータの読み書きが発生し、書き込み回数が上限に達していまい、SSDそのものエラーが出るからです。ここのスワップ領域はSSD出なく、HDDです。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

ディスクへの変更を書き込み、継続しますか?画面で「続ける」ボタンをクリックする。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

次にルートパーティションを設定するため、「空き領域」を選択し、「+」ボタンをクリックする。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

続いて、下記を行ってから、「OK」ボタンをクリックする。

  1. サイズ・・・残りの空き領域全部をMBで入力
  2. 新しいパーティションのタイプ・・・「基本パーティション」を選択
  3. 新しいパーティションの場所・・・「この領域の始点」を選択
  4. 利用方法・・・「ext4 ジャーナリングファイルシステム」を選択
  5. マウントポイント・・・「/」(ルートパーティション)を選択
ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

最後に下の方にある「ブートローダーをインストールするデバイス」は「/」(ルートパーティション)と同じ「/dev/sda4」を選択した後、「インストール」ボタンをクリックする。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

ディスクへの変更を書き込みますか?画面で設定した内容を確認してから、「続ける」ボタンをクリックする。

ubuntu Desktopをインストール

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

ubuntu Desktop (導入:インストール-タウムゾーン指定〜完了-)ページへ進む (N) |このページの先頭に戻る (Y)|ubuntu Desktop (準備)ページに戻る (B)

メインページに戻る (1)