ノートンストア

★★HDDからSSDに交換する手順はハードディスク SSD版 (換装)ページを参照して下さい。★★

(O) 本文へ行く | Windows | Linux | macOS | iPhone&iPad | Android |

[ Windows 10 Pro iMac ] [ Windows 10 Pro 中古PC ]

Windows 10 Pro 中古PC編

| 初期設定 | BIOS | MEファームウェア | セキュリティ | バックアップ | ネットワーク |

ダウンロード : BitLocker暗号化無効 : アップデート


本ページの趣旨 購入した中古のHP Compaq Pro 6300 SF デスクトップパソコンBIOSバージョンは2.90ですが、保証期限切れでメーカーHPに記録がなく、BIOS更新ができませんでした。インターネットであれこれ調べると、HP lists an 8000 Elite SFF, my PC is a 6300 MT? (HP Community)サイトで2.99 Rev.A、3.06 Rev.AバージョンのBIOSが書いてありますね。もうちょっと調べると、3.08ってありました。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

▼BIOS

1. ダウンロード

中古パソコンの電源を投入する。

HPロゴが出たら、すぐ「ESC」キーを押下する。

起動メニュー画面が現れたら、「システム情報」を選択する。

中古PCでBIOSバージョンアップデート

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

現時点のバージョンを確認する。(ここでは"2.90")

中古PCでBIOSバージョンアップデート

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。


HP Community BIOS update HP Compaq Elite 8300 Ultra-slim PCにて
"Version: v02.99 Rev.A
Fixed in this release: - Customers MUST flash this BIOS first, before flashing to the v03.xx versions."
と言う文を見つけました。03.xxバージョンにフラッシュする前に、この2.99 BIOSを最初にフラッシュする必要がありますと。だから、一気に最新バージョンにアップしてはダメですね。従って2.99→3.06→3.08と一つずつアップデートする事にしました。
ここでは、2.99へアップした記録のみ載せます。BIOSアップデートまで成功したら、次のバージョンへアップして下さい。


HP Compaq Pro 6300 SF BIOS 一覧
バージョン ダウンロード元
2.99 Rev.A https://ftp.hp.com/pub/softpaq/sp73001-73500/sp73099.exe
3.06 Rev.A https://ftp.hp.com/pub/softpaq/sp85501-86000/sp85516.exe
3.08 Rev.A https://ftp.hp.com/pub/softpaq/sp95501-96000/sp95971.exe

「PF10」キー押下後、「ファイル」メニューから「変更を保存しないで終了」を選択する。

中古PCでBIOSバージョンアップデート

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

「以下の操作を実行してよろしいですか。変更を保存しないで終了画面で「Yes」をクリックする。

中古PCでBIOSバージョンアップデート

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

BIOSアップ以外に各項目の値の変更があれば「変更を保存して終了」を選択して下さい。

自動的に再起動されます。ログイン画面が現れたら、下記のように管理者権限のユーザーでログインする。

中古PCでBIOSバージョンアップデート

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

Windowsデスクトップ画面が現れたら、Edgeブラウザ開いて、2.99 Rev.A用"sp73099.exe"をダウンロードして、ダブルクリックする。

HP Compaq Business Desktop System BIOS (K01 BIOS)ダイアログ画面が現れたら、「次へ」クリックする。

中古PCでBIOSバージョンアップデート

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

License Agreement画面で、I accept the terms in the lisence agreement欄(同意)にチェック後、「次へ」クリックする。

中古PCでBIOSバージョンアップデート

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

Location to Save Files画面で、保存先はデフォルトの"c:\swsetup\sp73099"のまま、「次へ」クリックする。

中古PCでBIOSバージョンアップデート

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

解凍が終わったら、エクスプローラで保存先フォルダ"c:\swsetup\sp73099"の下にあるサブフォルダ"DOS Flash"をダブルクリックする。

中古PCでBIOSバージョンアップデート

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

続いて、USBメモリを中古パソコンのUSB口に空のUSBフラッシュメモリを差し込む(16GB用をつかいました)。

パソコン上、差し込んだUSBメモリはEドライブと表示されました。

エクスプローラーで開いた"DOS Flash"フォルダの中の全部選択後、右クリックでコピーする。コピーするファイルは下記の通り。

中古PCでBIOSバージョンアップデート

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

エクスプローラーでコピーしたファイルをUSBメモリのドライブ(ここでは"E"ドライブ)に保存する。

中古PCでBIOSバージョンアップデート

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

Windows 10 Pro 中古PC (BIOS-BitLocker暗号化無効-)ページへ進む (N) |このページの先頭に戻る (Y)|Windows 10 Pro 中古PC (初期設定)ページに戻る (B)

メインページに戻る (1)