ノートンストア ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

★★BIOSとMEファームウェア更新、Windowsセキュリティの使い方、Wake on Lan (WOL)やバックアップ方法はWindows 10 Pro 中古PC編ページを参照して下さい。★★

(O) 本文へ行く | Windows | Linux | macOS | iPhone&iPad | Android |

[ Windows 10 Pro iMac ] [ Windows 10 Pro 中古PC ]

Windows 10 Pro iMac編

| 導入 | ネットワーク | Windows Subsystem for Linux | Dropbox |

外付けSSD : インストール : キーボード


本ページの趣旨 macOS Mojaveが正式リリースされた直後、外付けSSD StoreJet for Mac 1TB (TS1TSJM500)がAmazonで8万円も安くなり、手に入りやすかったので、そのSSDを購入し、Mojaveを入れ、実際に仕事もスムーズになりました。それで使わなくなった、256GBの外付けSSDをそのままにするのは勿体ないと思い、iMac内臓のHDDの方に入れていた、Windows10を移行させる事にしました。

▼導入

1. 外付けSSD用意

StoreJet for Mac 256GB (SDD)

Windows 10をインストールする外付けSDDは(トランセンドのStoreJet for Mac 256GBに決めました。但し、外付けSSDにWindows 10をインストールする場合、CPU、メモリ等は本体のiMacに依存するので、本体のiMacのハードウェアを熟知しておきましょう。

iMac本体と外付けSSDのハードウェア
パーツ iMac (21.5-inch, Late 2013) StoreJet for Mac 256GB
ディスプレイ IPSテクノロジー搭載21.5インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ、1,920 x 1,080ピクセル解像度、数百万色以上対応5 -
プロセッサ 2.7GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)、6MB L3キャッシュ -
メモリ 8GB(4GB x 2)1,600MHz DDR3メモリ -
ストレージ 1TB(5,400rpm)HDD 256GB SSD
グラフィックス 2.7GHz Intel Iris ProグラフィックスB -

Windows 10 Pro iMac (導入-インストール-)ページへ進む (N) |このページの先頭に戻る (Y)

メインページに戻る (1)