Quantum_Break

★★BIOSとMEファームウェア更新、Windowsセキュリティの使い方、Wake on Lan (WOL)やバックアップ方法はWindows 10 Pro 中古PC編ページを参照して下さい。★★

(O) 本文へ行く | Windows | Linux | macOS | iPhone&iPad | Android |

[ Windows 10 Pro iMac ] [ Windows 10 Pro 中古PC ]

Windows 10 Pro iMac編

| 導入 | ネットワーク | Windows Subsystem for Linux | Dropbox |

リモートデスクトップ : 簡易NAS

設定 / ファイアーウォール


本ページの趣旨 外でフリーwifiにしろ、3G回線にしろ、iPadから自宅にあるWindowsに接続して、iPadの画面上に自宅のWindows画面を出して、遠隔操作する機能が「リモートデスクトップ」です。僕はあまり使う事はないですが、一応入れましたので、紹介します。最初にホストであるWindows 10(←Home版にはリモートデスクトップ機能がないので、Pro版で)側で設定を行います。

▼ネットワーク

1. リモートデスクトップ

(1) 設定

コントロールパネルを出す。

Windows10でリモートデスクトップを使う

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

コントールパネル画面で「システムとセキュリティ」をクリックする。

Windows10でリモートデスクトップを使う

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

システムとセキュリティ画面で「リモートアクセスの許可」をクリックする。

Windows10でリモートデスクトップを使う

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

システムのプロパティダイアログの「リモート」タブが現れます。

Windows10でリモートデスクトップを使う

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

下のリモートデスクトップで以下を行い、「OK」ボタンをクリックする。

Windows10でリモートデスクトップを使う

(※)画像をクリックするとより大きい画像が出ます。

以上で設定が終わります。


「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピュータからのみ接続を許可する」はWindowsのPC又はタブレットからしか接続できないので、iPadやMacからも接続したい場合はチェックを外さないといけません。それから接続できるユーザは、↑の「リモート」タブでユーザの追加しなくてもAdministratorアカウントでログインできます。


Windows 10 Pro iMac (ネットワーク:リモートデスクトップ-ファイアーウォール-)ページへ進む (N) |このページの先頭に戻る (Y)|Windows 10 Pro iMac (導入)ページに戻る (B)

メインページに戻る (1)